2006年07月02日

最近見かけないかも、、、スタイリッシュな公衆電話(携帯ではありません 笑)

最近はドイツでも数の減っている公衆電話。ドイツ語でTelefonzelle。(テレフォンツェレ)少し前デザインが変わって以来、気にして見てるものです。
telefonanlage.jpg
余分なものをそぎ取ってスリムになった公衆電話。
テレコムのカラーのピンク、広告になるとうるさい色ですがこのschlicht(飾りのないあっさりとした)なボディにはなぜか合っている気がする。この色が、探す人に目がつきやすいかも。そして受話器もピンク。

そして夜には電気がついてる。
屋根付も実はある。(やっと写真が撮れました。)

telefonanlage 2.jpg

Zelleには、ボックスという意味があってTelefonzelleと言われるのですが、ボックスではないも同じ呼び方でいいのかな、とふと思いました。oeffentliche Telefonanrage?かなあ?辞書で調べてみると、ein oeffentlicher Fernsprecher とありました。でもこれこそ聞いたことが無いぞ!でもまあ公衆電話も需要も減ってきたので少なくなってきているので、言葉自体も使われなくなってるから。。。(知らないことの言い訳?!)

それにしても屋根付きかどうかというのは、どうやって決めるのでしょうね。。。実は屋根は壊されてなくなってただけとか。でもそれでは横の守りガラスを支えてるものもないし。なぞ多し。
posted by らぬんける at 00:00| フランクフルト ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18714271

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。