2006年06月10日

WM Eroeffnungsspiel(WM開幕戦)

ドイツの国旗を昨日ほど一度に沢山見たのは、ドイツに来て以来初めてでした。
ドイツでは第二次世界大戦での悪名高いドイツの歴史を思い起こさせるため、国旗を掲げたくない人、又は自粛している人が多いのではと私は思っています。

なので昨日は驚きでした。自転車に結構大きめな旗を掲げて乗っている人。車も然り。。。窓や玄関、お庭にも、そして顔中が国旗色の人。個人的に良いなと思ったのは、黄色いスカートに赤のシャツを着て、その上に短い黒のシャツの重ね着。

さてWM Eroeffnungsspiel(WM開幕戦)、日本では皆さんご覧になったでしょうか?遅い時間帯でしたね。

wm0.jpg昨日は仕事からも、思ったより早く解放してもらえわーい(嬉しい顔)ました。予定としてはまずスクリーンの場所を確認し、お買い物を少しして友人の職場に迎えに行ってスクリーンのある場所に戻るでした。この考えは甘すぎでした。
地下鉄で最寄の駅で降りすぐこれはヤバイと。Konstarblerwache(コンスタープラーバッヘ)はいつもとても人通りが多いところなのですが昨日は皆,Main川に向かって歩いていくんです。すごく嫌な予感です。


wm1.jpg
橋を渡りながら、とにかくスクリーンは何処にあるか探してみました。『Das habe ich nicht erwartet!』が私の感想。マイン川上にスクリーンを設置して両岸から観戦できるようになっているんです。見えますでしょうか?もう満員です。私はスクリーンが見えるところに移動してみました。

wm1.jpg
すごい人で人と人の間をぬって見なくてはいけません。でも音の迫力は充分です。ここでは駄目だと思い移動を決意。

wm5.jpg
場所を探すなんて無謀だと認識。がく〜(落胆した顔)

wm6.jpg
反対側の橋に来ました。かろうじて見えますが、角度がかなりきつい。警備の人に聞いてみると、もちろん席は埋まってるとのこと。友人に電話。買い物どころか迎えにもいけない状態なので対策を練る。

wm7.jpg
彼らを横目に移動。緑が多いのがドイツの良いところではありますが、この日はさすが『木が邪魔』とあちこちから聞こえてきました。(笑)あっでもこれを利用して木に登って観戦してた元気な人もいましたね。

wm4.jpg
友人の連絡を待つべく私が落ち着いた場所はここです。時間はあっという間に過ぎて試合も開始。運良く、見た中ではここが一番近くて角度も正面に近い。ここも木が生い茂っていたせいか、人もまだ少なめでした。ドイツがゴールを入れたときは、それはもうすごい歓声!そしていつの間にか後ろにいた人々は画面が見えないようで『今、ゴール入れた???』と言って5秒程遅れてまた歓声が。ここで私はドイツ・コスタリカ2−1を観戦、そして友人から連絡が。

ゆっくりくつろげて観戦できるところを探せたとのことで、私はトラムで移動。何とここで『ドイツ・コスタリカは現在2−1でドイツがリードです。』アナウンスが聞こえてきました。ドイツ語と英語でです。町中のお祭りだな、と思いました。そして帰りのトラムでは、『XX広場で、集団殴り合いが起こっているようなのでお気をつけて。』と。

私達は、フランクフルト最古の(?)水泳クラブ(協会かな)の池のほとりの半野外で続きをAppfelwein(アプフェルヴァイン/ りんごワイン)を飲みながら観戦しました。とてもアットホームで、席を詰めて空けてくれるような人たちばかりでそして食事もメニューは少ないのですが、手作りで美味しくとてもよい時間を過ごせました。

私は試合後半は観ずに、帰宅することにしました。ドイツたぶん勝つな、と思ったのと帰りの電車すごいことになるのではと予想してたからです。WMでなくBundes Liga(ブンデス リーガ)の試合でさえファンはすごく陽気で勢いもすごいです。わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)必ず駅には警官がいるので安心していいのか、気をつけなくてはいけないかといつも考えてしまいます。

明日はフランクフルトでイギリスが試合と聞きました。そして何千ものチケットを買えなかったイギリス人が街中に居るから行かない方が懸命とも。それからお店では、試合開始の15時からセールをするらしいです。そうでもしないと皆さんテレビに釘づけで、お店は無人状態が予想されますからね。

私のWM Eroeffnungsspielはこんな感じでした。試合だけを取れば、テレビで観戦したほうがよく見れたでしょう。(笑)でもドイツでも見たことの無い一面も体験でき、良かったかなと思ってます。

それからドイツの国旗ですが、黒、赤、黄色と思いがちですが実は黄色ではなく、金色なんです。私が始めて知ったときはとても驚きでしたが、私だけでしょうか。全く疑うことも無かったので。

posted by らぬんける at 20:10| フランクフルト | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19092657

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。