2006年10月26日

Schokolade(ショコラーデ/チョコレート)
スイスチョコレート−その1

かなり前になりますが、紹介した私の好物のチョコレートに引き続き、今日は私の一番好きなチョコレートを紹介。今回はSchweiz(シュバイツ/スイス)のものです。

こちらなのですが黒ハート、今回はこのCaillerの板チョコシリーズ全て買ってしまいました。なぜかというとパッケージがリニューアルされてすごく綺麗だったため。今まで買ったことの無い種類のものまで買ってしまいました。かなり洗練されて驚きでした。デザインは同じなのですが、普通の紙っぽい質からきらきらと光る銀紙に変わったり、Caillerの文字がところどころ透けて見えてその下にある背景が見えたり。

caillerGesamt.jpg
Caillerの板チョコ全8種類パッケージがリニューアル
残念なのは(って私にとってですが、)ドイツにいても何処でも手に入るものではないことなのです。スイスでは確実に何処でもあると思うのですが、私はスイスの国境に近いドイツのかなり品揃えの良いSupermarkt(スーパーrマルクt/スーパーマーケット)で購入。スイスに行く予定があったので、『そこで買ったほうが安いよ。』といわれましたが、私はその時点でスイスで買う時間があるか、あるお店まで行けるかなどなど確実では無かったためそのようなリスクは負いたくなく、取りあえずここでは一種類ずつのみ購入。(後、スイスでは、もちろん時間もあり買う時間もあったのですけどね。あせあせ(飛び散る汗))日本では全種類ではありませんが、輸入食品を扱っているお店で見かけたことがあります。まだ新しいパッケージではありませんでしたけどね。


さて今回はこちらのショコラーデを紹介。短いですが、データと私の感想を書いていこうと思います。これらショコラーデの封を切った順に紹介しますので、少々時間がかかるかもしれません。(なんて、もう無かったりしてわーい(嬉しい顔)

caillerNormal.jpg
プレーンだけど一番おいしい。5枚入りお徳用パックあり!

会社名: Nestle
名前:  Cailler Milch
重量:  100g
一言:  少し甘 とろけるおいしさはMilchschokoladeの中で一番

さてパッケージに『Lait-Milch』(ミルヒ/牛乳→ミルクチョコレート)とあるのでやはりスイス『フランス語-ドイツ語』か、と思ったのですが、さてイタリア語は?まさかイタリア語バージョンがあると思えないし、、、フランス語に似ているから書かないのであろうか。(ちなみに裏面にはイタリア語に加え英語でも書かれてあります。)
次回イタリア語圏に行くことがあったら必ずチェックしよう。(と心につぶやく。)

posted by らぬんける at 12:00| フランクフルト | Comment(2) | TrackBack(0) | お気に入り(食べ物編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Guten Morgen!
米領サモアの水砂子デス。メールありがとうございます♪
チョコレートが大好きで、大好きで!
南の島ではなかなか気軽に買えるものではないので(キットカットが唯一、私のトリートです)
ああ、かわいい!
良い気分転換になりました♪
ではでは、また時空を超えて遊びに参ります♪
Fa'afetai lava! (サモア語でありがとう)
Posted by Guten Morgen! at 2006年11月01日 03:38
Guten Abend!(の時間にコメントを拝見しました。)
水砂子さんコメントFa'afetai lava! 発音はローマ字読みっぽくてよいのでしょうか。ファフェタイ ラヴァ?!(全く違ってたらごめんなさい。)

サモアに気軽に買えるチョコレートがないなんて意外です。暖かいとチョコレート消費量は少ないのでしょうか。私もキットカットもよく食べてます。バターピーナッツが平たいカップに入ったチョコ(名前は忘れテしまった。確かUSA産)好きです。私にとってチョコレートは食べすぎ注意です。

Manuia te po!(調べてみましたが、あってるかな。)私も遊びに行きますね。

Posted by らぬんける at 2006年11月01日 06:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25246267

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。