2006年11月03日

ドイツ語でお大事に
−Gute Besserung(グーテ ベッセルンg)

本当に久しぶりに風邪を引いてしまいました。例年に比べ暖かい日が多く、でも突然寒かったりしたためでしょうか。栄養はばっちり取っているのですが、軽いのどの痛み、鼻水が止まらず一週間を過ごしこのまま消えていくかな、と思いきやとうとう一日ダウン。こんなわけで、よく耳にした『お大事に!』Gute Besserung!(グーテ ベッセルンg)です。

apotheke.jpg
ドイツの薬局、Apotheke(アポテ−ケ)の看板

少し前から日本でも始まったようですが、医薬分業が進んでいるドイツではこのような赤い『A』を掲げたApotheke(アポテ−ケ/薬局)をよく目にします。病院で貰ったRezept(レツェpt/処方箋)を持っていくだけではなく、今回の私のようなひどくない風邪の場合、症状を話すとそれに見合った薬を出して来てくれます。


驚くことにドイツの家庭では、軽い風邪の症状が出てきたらまずハーブなどを使った自然治療を開始します。このためもちろんドイツのApothekeではハーブ類もそろっています。『何だか喉がいたい。』ときは、Salbei-Tee(ザルバイテー/サルビアを煎じて飲むお茶)。咳を落ち着かせる、寝つきが悪い時に飲むハーブなどなど。そして風邪で鼻がつまり息苦しいときは、家に帰ってInhalieren(インハリーレン)しなくちゃ、など自然治療をよく耳にします。それでもどうしても治らないときに医薬品に頼るようです。世界に誇る医薬品メーカーのあるドイツ、私が驚いた一面でもありました。

このInhalieren(インハリーレン)、メントールのようなスーッとする薬(?)を平たいボールなどの入れ物にお湯にとかし、その蒸気を吸入ことです。このときその蒸気が逃げないように、頭にタオルをかぶります。
ドイツに来てしばらくしたころ軽い風邪をひいた際、お医者さんに『頭にタオルを被って、、、、その蒸気を吸ってね。』なんて言われて知ったのですが、病院では飲み薬を出してくれるものと思い込んでいた私は驚きましたし、これは(少なくとも私の周りでは)ごく一般的な風邪の対処の仕方と知ったときはカルチャーショックでした。ドイツに来て意外と少ないカルチャーショックの一つだったりします。

apotheke3.jpg
Kinderwagen(キンダーワーゲン/乳母車)のためのスロープが、何気なくApotheke(アポテ−ケ)の『A』なのは私の気のせい?!−とあるApothekeのEingang(アインガンg/入り口)

私はApothekeをみるのが好きです。カウンターの後ろに覗く床から天井まで所狭く並んでいる引き出し。綺麗に整頓されている薬の数々。ドイツのOrdentlichkeit(オーデンtリッヒカイt/几帳面)が伺えます。機会があったら見てみてください。

話がずれてきましたが、このApothekeでもよく聞かれる言葉、ドイツ語でお大事には、Gute Besserung(グーテ ベッセルンg)。そしてGute Besserung!といわれ、『Danke』と答えられたら完璧です。
では風邪を引いている皆様、Gute Besserung!
【関連する記事】
posted by らぬんける at 00:00| フランクフルト ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お大事になさいませ〜。
オーストラリアで遊んでいたとき、ホストマザー(ドイツ出身)が、
私がクシャミしたときに「グズンタイt」って
言ってくれたような気がしたんですが
クシャミしたときに何か声をかけたりされます?

PS:サモア語は、G以外は、普通にローマ字読みをします。Gが出てきたら、ングってなります。
ングーテ ベッセルンg!(いんちきサモア訛り)
Posted by 水砂子です、お大事に。 at 2006年11月08日 17:48
(いんちき)サモア訛り、面白い!
いつか誰かに『ングーテン ターng』とか挨拶されたら、すかさずサモア出身か尋ねてみます。(いないかなー、笑)

Gesundheit(ゲズンdハイt)についてはこちら、よかったら見てみてください。『ゲズンdハイt』言いますよー。
http://kantandoitsugo.seesaa.net/category/1426881-1.html

実は今年の夏、日本でくしゃみをした際、ご近所のアメリカ人に『ゲズンdハイt!』と言われてびっくりしたことがありました。(ちなみにハワイ出身)
水砂子さんのホストマザーのようにドイツ出身の方たちが思わず口にしたりして、広がっているのかも知れませんね。Bless you とは違って宗教的な意味合いが無いので、こちらを好んで使っている人もいるとのことでした。(本当かな?)
Posted by らぬんける at 2006年11月09日 01:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26493536

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。