2006年12月15日

歩く際には気を付けて。
ドイツの綺麗な町並み

コツッ、コツッ、コツッ、コツッ、

コツッ、コツッ、コツッ、コツッ、

コツッ、コツッ、コツッ、コツッ、

グサッたらーっ(汗)

『。。。。。』

pflaster2.jpg

女性の方なら経験されたことが在るかもしれません。それはSchuhe mit hohen Absaetzen、すなわちハイヒールが石畳のPflaster(プfラスター/舗装)特有の隙間にはまってしまうのです。

『Schon wieder...』(ショーン ヴィーダー/ああ、また。。。)

ハイヒールを履くときは、外を歩く場合かなり気を使っています。だってヒールの部分の素材にすごく傷がついてしまうからです。それでも忘れてしまった頃に『グサッ』と隙間に入ってしまい、しまった!がく〜(落胆した顔)となるわけです。靴を傷つけてしまうばかりではありません。隙間に入ったら瞬時に歩くのを停止しなくてはなりません。そうでないと靴を置き去りにして歩くことになってしまうからです。この場合、一緒に歩いている人がいる場合はまだ笑っていられるのですが、一人のときに起こってしまうと格好悪いし、恥ずかしいし、ふらふらそしてこの感情のやり場が無い。ダッシュ(走り出すさま)

pflaster1.jpg
こんなに隙間があると、そんなに細くないヒールでも挟まってしまう。

町の景観が美しいのは、かなり石畳のおかげだしとても気に入っているのですが、ハイヒールを履くと『何でこんなに石畳だらけなの???』何て真剣に思っている私は、本当に都合がいい人間です。

観光される方なら、あまりハイヒールを履いて動き回ることは無いかもしれませんが、それでもハイヒールを履く機会が在る場合は何卒お気をつけくださいませ。

いつも気になってはいるけど、またすぐ忘れてしまう事を思い出したので書いてみました。それから付け加えると、大きなスーツケースで引っ張るのではなく押さなくてはいけないタイプは、短距離の場合でも動かすのが結構大変だったりします。
posted by らぬんける at 00:00| フランクフルト ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 一人歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Moin Moin! ←これは言いやすくて便利☆
うわー、石畳、色とりどりで美しい!!!
けれど、歩くのはやはり大変そうですね。
しかしこれだけ美しいと思いは複雑…。
南の島では常にビーチサンダルでペタシペタシと歩いているので、足に緊張感がありません。
文明に戻ったら、まず、ハイヒールで歩く練習からしなくっちゃ、と思った私です。
ではでは♪リンクありがとうございましたー!
Posted by 水砂子 at 2006年12月17日 06:32
すごい綺麗な石畳ですね!確かに隙間がいっぱいでヒールには辛そう・・・。

私は主婦になってからスニーカーかブーツになっちゃってヒールはとんとご無沙汰です(笑)ドイツに持って行く予定もしてないんですが、お出掛け着を持って行くならヒールが要るでしょうか。
Posted by ひーちゃん at 2006年12月17日 23:17
水砂子さん
ドイツでも夏は意外にもビーチサンダルで歩く人多いんです。海も近くないのに何だかなあ、と思うのですが。

文明に戻ったら、、、(笑)
ヒールは履きなれていないと、つらいですからねえ。という私もたまにしか履かないのですが、間隔が離れているとかなりつらかったりして、それに加え石畳の隙間にはまってしまった日には、涙です。

Posted by らぬんける at 2006年12月18日 03:35
ひーちゃんさん

ご持参されるお出かけ着に合う靴が、ヒールでなくても良いならヒール無しでも構わないと思いますよ。

車移動ならまず問題ないと思います。石畳は市内に多いです。一概には言えないかもしれませんけどね。ヒールを履く際はお気をつけくださいませ。
Posted by らぬんける at 2006年12月18日 03:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。