2007年11月24日

あるドイツの一日(半日?)

昨日フランクフルトで二つのTerminen(テrミーネン/約束・アポイントメント)の間に2時間という変な時間があったので、Museum fuer Angewandte Kunst(美術工芸博物館)に行くことにした。

このMuseum fuer Angewandte Kunst(美術工芸博物館)は、マイン川沿いにあるMueseumsmeile(ミュゼーウmsマイレ)と呼ばれている美術館街区にあるいくつかの美術館の一つで、この日はそれほど寒くなかったので歩いていくことに。

Weihnachtsmarkt(ヴァイナツマrkt/クリスマスマーケット)の準備もかなり進んできていて、普段は歩行者天国なので入ってこない車も出入りしていたりと、Roemer前の広場はこれらで埋めつくさらえていた。

Weihnachtsmark.gif
Weihnachtsmarkt、只今準備中。聞いてみると、26日月曜日から始まるとのこと
Weihnachtsmark1.gif
きれいにLebkuchen(レーpクーヘン/蜂蜜や色々なハーブが入ったクッキーのような食べ物)を吊るしてるおばさま。

Eisenersteg.gif
Eiserner Steg(アイザナr シュテーg)という名のマイン川にかかる橋を渡って美術館街区側へ。

Eisenersteg2.gif
Eisener Stegの上から1。

Eisenersteg1.gif
Eisener Stegの上から2。一体この飛び出ているStange(シュタンゲ/棒・さお)は何のためだろう。橋両サイドに計4本有り。船と関係が?

Eisenersteg3.gif
Eisener Stegの上から3。鳥がいるとつい写真を撮ってしまう私。

AngewandteKunst1.gif
Museum fuer Angewandte Kunst1。写真は先回訪れたときのもの

Museum fuer Angewandte Kunst(美術工芸博物館)は、同じマイン川沿いにあるDeutsches Architekturmuseum (ドイツ建築博物館、略称DAM)とWeil am RheinにあるVitra(ヴィトラ)の美術館につづき私がもっとも訪れている美術館。

AngewandteKunst2.gif
Museum fuer Angewandte Kunst2。アメリカの建築家リチャード・マイヤーによる−

実はいつかの週末にと夫を誘っていたのだけど、それならそのお隣のStaedel(シュテーデル)という美術館で今Albrecht Duerer(アルブレヒト・デューラー)の木版と銅版画の展示会があるからそちらに行きたい、とindirekt abgesagt?(間接的に断られた?)言っていたので、この機会はちょうど良かった。

AngewandteKunst3.gif
Museum fuer Angewandte Kunst3。−Villa Metzler(メッツラー邸宅)と融合されたMuseum

今回のAusstellung(アウsシュテルンg/展示会)は「DER FEINE UNTERSCHIED. BIEDERMEIERMOEBEL EUROPAS」というタイトルで、ヨーロッパのビーダーマイヤー時代(様式)の家具の微妙な違いついて。やはり1時間半の見学ではでは短すぎた。後ろ髪を引かれながらも移動。外はすでに暗くなっていた。

FRACommerybank.gif
確か17時30分頃。もう暗い。左の黄色はCommerzbank。
一番右がマインタワーと呼ばれるHelaba、こちらも銀行ビル。
右から2つ目はDeutsche Bank(ドイチェバンク/ドイツ銀行)
左から2つ目が日本の領事館も入っている「Japan-Center」と呼ばれる事務所・会社のビル


時間に追われながらも、食べてみたいと思っていたチョコレートも買えたし、「もち米」も初めて買った。

少し前にタイ料理を食べに行ったら、すごくおいしいもち米が出てきたのだ!探したこともなかったけど、このときドイツでももち米が買えるんだととりあえず、フランクフルトでいつもアジア食材を買いに行っているSupermarktに寄って聞いてみたら、「普通に」あった。。。私が知らなかっただけのよう。。。うれしいような悲しいような。

なんだかダラダラとまとまりありませんが、すごくおいしいlibanesisches Essen(リバネージッシェs エッセン/レバノン料理)を食べてこの日はほぼ終わりました。


    
posted by らぬんける at 07:00| フランクフルト ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。